1. ホーム
  2. ブログ

ブログ

2011年01月08日

〜わかちあいカード〜  幸せをわかちあってくださってありがとうございます。

寒い日が続きますね。
皆さま、お元気でお過ごしですか?


いつも利用するJRのキオスクで永年勤めておられた方が、昨年ご退職されました。
その方は、本当に愛想のいい方で、いつも笑顔を欠かすことなく、
ハッキリした優しいお声で、改札口の横のキオスクに立ち寄る人に声をかけておられました。

朝の慌ただしい喧騒の中では、「ありがとうございます。いってらっしゃい!」
夜、疲れて帰って来た働く人たちや学生さんには、「お帰りなさい。ありがとうございます。」

いつの頃からか改札口に立つと、その方がおられることを確認するようになりました。
目が合うといつもにっこり笑顔を送ってくださいます。

その人がいらっしゃるところには、いつもほのぼのとした温かさを感じました。
改札口に立つ瞬間に、今日も頑張ろうと元気をいただいたり、ほっと疲れを癒していただいたり、
いつもいつも励みをいただいていました。

おそらく多くの人が私と同じことを感じていらしたのではないかと。
ご本人は、社会貢献をするなんてことは考えてもおられなかっと思いますが、
その方の親切な振る舞いやお声掛けから、どれほど多くの人が力づけられたことかは、
計り知れないと思います。

多くの人が行き交う駅のキオスクで、立派な社会貢献をしてこられたと。


私も励ましをいただいたので、いつか感謝の気持ちをお伝えしたいと思っていました。


神戸ホスピタリティマインド倶楽部の活動として、
ホスピタリティマインドで生きる人を応援することを決めています。
私は百貨店に入社した時から、素晴らしいホスピタリティを沢山見せていただきました。
ホスピタリティあふれる人は、小さなことにも誠実で、
人が見ていないところでも心を注いでいます。
だから誰も気づかなかったり、
気づいていても、面と向かっては、
ありがとうが伝えられないことが多いのではと感じていました。


そんなホスピタリティマインドの存在にスポットライトが当てられたら、
きっとホスピタリティマインドが社会に拡がっていくようにと思い、
活動の一環として「わかちあいカード」を創りました。

キオスクの女性のように、
今日も、街の中で、ひそやかにさりげなく繰り広げられている
ホスピタリティマインドあふれる振る舞い。
そこには平和が存在していて、提供する人にも、提供された人にも、
幸せを与えていると思います。

私も、ホスピタリティマインドあふれる人たちから、
沢山の幸せをいただきました。

「わかちあいカード」は、
街の中でそんな人に出会ったら、お渡しする小さなカードです。



  すてきなあなたへ

  あなたの笑顔が、
  あなたのちょっとしたご親切が、
  あなたのさりげないご配慮が、
  とてもすてきです。
  幸せな瞬間をわかちあってくださった
  あなたへ、「ありがとう」の気持ちを伝えます。


そんなことを書いています。


これから「わかちあいカード」によって、
感謝の気持ちをお伝えするとともに、
ホスピタリテイマインドが拡がる活動をしていきますネ。
小さな取り組みですが、どんどん拡がっていきますように!
配ってくださる方が増えるといいなと思っています。
関心がおありの方は、お問い合わせくださいませ。



昨日、キオスクで働いておられた女性にも、
ご連絡先をお尋ねしてお送りすることができました。
きっと喜んでくださると思います。


ブログを読んでくださったあなたにも、いつかお渡しできるかもしれませんネ。
その日を楽しみにしながら拡げていきます。



posted by kobe-hospitality at 20:53| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
清田先生こんにちは。
私は以前、大丸にて、先生の講習を
受講させて頂き、そして昨年、12月、
偶然お会いさせて頂き、
わかちあいカードを頂いた者です。
仕事でいろいろと悩み多い時、
このカードを見ていたら、
こちらのホームページのアドレスを
見つけ、わかちあいカードの意味を知りました
その事で、自分自身に、自信を持つ事や
方向性を見いだし進む事が出来ています。
お会いさせて頂いたのは
偶然ではなかったのだなぁ
と今では思っています。
ありがとうございます。
ますますのご活躍お祈り申し上げます。

N.Sさま
嬉しいコメントをありがとうございます。
気づくのが大変遅くなり申しわけございません。
N.Sさまとのつながりに感謝します。
絆を感じます。
心からのエールをお贈りします。
どうぞお元気で益々のご活躍をお祈りしています。
わかちあって、響き合ってくださった
N.Sさんのホスピタリティに大感謝です♪
ありがとうございます。
Posted by N.S at 2011年03月31日 08:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ このページの先頭へ