1. ホーム
  2. ブログ

ブログ

2012年11月28日

パートナーシップ

師走が迫ってくるころになって、今年3回目のブログ更新です。
皆さま、お元気ですか?


私は、コーチングの仲間とメーリングリスト(ML)を活用して
コミュニケーションのトレーニングを行っています。
互いに日々の仕事や生活で気づいたことをMLでシェアし、
コーチの立場で受け取りあいレスポンスを交わし合います。
その中で触発された思いを熟成させたりして、
互いにつれづれなるままに探究を深めています。


仲間とそんなことを続けていて、
私の人生にそのMLが大きな影響を与えていることに驚きさえ覚えます。
本当に私がやりたいことに気づいたのも、
永年勤めた会社を辞めて今の仕事を始めることになったのも、
すべては、そのMLで思いをシェアしたことが始まりでした。


自分の思いを言語化しシェアすることで、考えが整理され、
新たな気づきが湧いてきたりします。
仲間たちは、どんな私もありのまま100%受け取ってくれます。
その許容量は100%を超えているようにも感じます。

勿論、コーチとして私の前進を意図して聴いてくれていますので、
MLで気持ちをシェアした後は、クリアになっていて次へ進む私の行動力が変化します。
私にとってその変化の度合いが決して小さなものではないのです。


元々、コーチングは人が持つ可能性や能力を最大限に引き出すコミュニケーションセンスなので、
そのセンスが機能すると、人が本当にやりたい事をやり遂げる力さえ、軽やかに引き出されます。
しかも、従属的ではなく自らが主体性を持って引き出すのです。
「依存」のない質を持っています。


自らやりたいことの意図は何か?
自分は何を創り出そうとしているのか?
その意図を持ってコミュニケーションすることで、
軽やかに意図どおりの結果が現れてきます。
意図は、生きる「ありかた」に直結しているからだと思います。

これは、コミュニケーションセンスなので、
頭で理解するのではなくて感覚で掴むもの。
もっと知りたい、もっと深めたい、もっとトレーニングして人生に活用したい、
やめられないとまらない♪ワクワクドキドキ感があります。


トレーニングを続けていないと感覚は鈍ってしまいます。
なので、コミュニケーションのトレーニングを仲間と一生続けていきたいと思っています。


そして、その仲間たちと、
「ユニバーサル社会の実現に向けて、
『共に在る』『ありのままを受け取る』コミュニケーションセンスを探究し、
地域に発信するコミュニティ」として活動を続けています。

トレーニングしたセンスを、自分が生きている場所で活かすこと、
そしてまたシェアしあうことで、互いの命をわかちあっているように感じています。


互いに依存することなく、わかちあい支えあえる仲間に感謝です。


悩みや葛藤を、喜びや前進を、シェアし受け取りあって触発しあえる仲間たち。
私にとって最高のパートナーです!

いつもありがとうございます。
posted by kobe-hospitality at 04:03| Comment(0) | 日記

▲ このページの先頭へ