1. ホーム
  2. ブログ

ブログ

2011年06月30日

「みんなの声かけ運動」 ご一緒にやりませんか?


兵庫県のユニバーサル社会づくりの取組みで、
「できることからはじめよう みんなの声かけ運動」なるものがあり、
その運動の推進員になりました。
申し込みさえすれば、誰でも推進員になれるのです。


先日、みんなの声かけ運動推進会議事務局発行の
リーフレットを手にする機会があり、
その場で、推進員参加を決めました。


そのリーフレットには、
困っている人がいたら、勇気を出して声をかけましょうとあり、
高齢の方、身体障がいのある方、子どもや子ども連れの方、外国人県民の方などに、
声をかける時の心配りのポイントが、わかりやすく書かれています。


みんなの声かけ運動推進員に登録したことで、私の中に、
ユニバーサル社会づくりの一端を、微力でも担っているという喜びが生まれました。
そして、今日も、推進員の誰かさんが、どこかで声かけ運動に励んでおられると思うと、
お仲間とのつながりを感じて、何だか嬉しくなってきます。

そして、更にお仲間を増やしていきたいなという思いも湧いてきました。


お困りの方を見つけたら、声をかけることは、
特別のことではなくあたりまえのこと。
まずは、自分で必要に気づくアンテナを立てておくことからやっていきます。
押し付けになったり、自立を奪ったりしないように心がけて。


急速に進む高齢化社会。
加齢と共に心身の変化、身体機能の低下で、個人差はあるものの、
目が見えにくくなったり、耳が聞こえにくくなったり・・・
いつかは、誰もが、何らかの障がいと向き合う日がくるでしょう。

声をかけて支えあうことが必要です。


「こんにちは!」と、明るい声のご挨拶で、
ちょっと幸せをわかちあう気持ちを伝えることができる。

誰かと歩調を合わせるだけで、
共に生きていることが嬉しいと思うことができる。


できることからはじめよう
みんなのための「みんなの声かけ運動」素敵な取り組みだと思います。


これは兵庫県内の取り組みですが、
他の地域の方であっても、
あなたの地域で、あなたご自身の活動として、
ご一緒にやりませんか?


兵庫県の取り組みは、財団法人兵庫県身体障害者福祉協会が窓口です。





posted by kobe-hospitality at 20:56| Comment(0) | 日記

▲ このページの先頭へ