1. ホーム
  2. ブログ

ブログ

2018年01月05日

こころの灯

2018年、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年は思いを新たにと、ほぼ一年かけてHPをリニューアルいたしました。
遅々とした歩みですが、ホスピタリティマインドを社会に発信していこうと活動を
始めて、お蔭さまで今年の三月で9年目を迎えます。
この仕事を始める時、友人から、「あなたのどこを切っても、ホスピタリティであるように」
と言われたことが、いつも頭の片隅にあります。

といっても、私が常にホスピタリティマインドに溢れているわけではなく、
ただ、ホスピタリティの精神を伝える者の一人として、
常にホスピタリテイマインドを忘れないでいようと思っています。

活動の動機は、37歳の時から始めた「開発途上国の子ども支援」が
一生続けられるように、
ライフワークとして取り組める仕事を持つことでした。

永年おつきあい頂いている
国際NGOワールドビジョンから、
昨年10月に、現在私のパートナーである
インドのチャイルドからのビデオメッセージが届きました。

残念ながら、言葉がわかりません。
昔、外大でインドの言葉を専攻した従兄に翻訳を頼んでみたのですが、
インドには、多数の言語が存在するらしく、
残念ながら不明でした。

でも、一生懸命、大きな瞳を輝かせて
私に思いを届けてくれている少年の純な気持ちは
十分伝わってきて、涙が出るくらい嬉しかったです。
支援を初めて25年が経ち、関わりが持てた4人目の子どもですが、
ビデオメッセージが届いたのは初めての体験で感動しました。
最近の国連の発表によると、
2016年に5歳未満で死亡した子どもの数は560万人、
(1日あたり1万5000人)
2000年の約990万人(1日あたり2万7000人)から
大きく減少したと発表されました。
予防可能な子どもの死がゼロになることを祈りつつ、
微力ながら、子ども支援を続けられるように
今年も神戸ホスピタリティマインド倶楽部の活動を続けて参ります。


昨年暮れに、東京築地にある聖路加国際病院の旧チャペルに
行く機会がありました。
病院の受付で、チャペルの場所をお尋ねすると、
わざわざチャペルまでご案内くださいました。
ご案内の道すがら、
昨年亡くなられた日野原重明先生が病院の通路を活用して創られた
ギャラリーがあることなど、親切に教えてくださいました。
その女性の明るく温かな立ち居ふるまいから、
ホスピタリティマインドが根付いた病院であることが
感じられ、幸せな気持ちになりました。
病院の玄関には、
創設者のR.B.トイスラー医師の思いが理念として
掲げてありました。
創設者の思いが、100年経った今も息づいていて、
日野原先生の精神をも
DNAとして刷り込まれた病院であることが
その親切な一人の女性のホスピタリティマインドによって
自然に伝わってきました。

チャペルに入る前に、その女性が、
さりげなく、「これをお読みください」と、
手で示してくださった表示板に書かれた言葉が印象的でした。

聖路加国際病院聖ルカ礼拝堂へようこそ
礼拝堂は祈りと黙想の場所。

「見えているものを通して、
目に見えぬものに目を凝らし、
聞こえている音を通して、
聞こえぬ声に耳を澄ますところ」
とありました。

神さまの愛や、神さまの声をさして書かれていると思うのですが、
この言葉が教えていることは、
ホスピタリティの精神に通じることだなぁと
私の心にも灯を点してもらいました。

2018年、皆さまのもとに、
ホスピタリティマインドに包まれる温かい瞬間がたくさん訪れますように
願っています。



posted by kobe-hospitality at 21:36| Comment(0) | 日記

2016年12月31日

2016年完了。そして、次へ!


一年ぶり大晦日投稿です。

今年は、熊本地震や、大型台風、年末には大火災といった大きな災害が起こりました。
被災された皆さまに、心よりお見舞いを申し上げますとともに、
被害に遭われた地域の一日も早い復興をお祈りいたします。

 世界に目を向けると、テロや紛争など、人為的な災害も増えました。
難民の数は増え、長く苦しい生活を余儀なく強いられる人たちのことを思うと胸が痛みます。
どうか、世界の膨大な資金を、争い事のために用いるのではなく、
貧困や格差解消のための支援資金に切り替えられていくことを切に願います。


 神戸ホスピタリティマインド倶楽部の活動も小さな取り組みではありますが、
今年も、ワールドビジョンとユニセフを通して、
貧困に苦しむ子どもたちの支援活動に活かすことができたことを感謝しております。
 微力ながら2017年もサポート活動を続けられるように取組んで参ります。


 さて、貴方にとって、2016年はどんな年でしたか?

 私は、楽しく嬉しいことも沢山ありましたが、
かつて経験したことのない苦渋を味わった一年でもありました。
 年明けに、大好きな叔母や、
昨年から度々お訪ねする機会を持っていたご高齢の女性が、
立て続けにお風呂場で亡くなるという悲しい出来事が起こり、
また、災害の影響を受け病を発症された方のやるせない心の葛藤に直面したり、、、
私自身心が張り裂けそうになったこともありました。
苦しいお気持ちが少しでも和らぐように、
希望をもって生きていかれますようにと、
今もひたすら祈り続けております。

 以前に聞いたことがある「メメント・モリ(死を覚えよ)」という言葉が何度となく頭の中をよぎり、
だから、「今をどう生きたいのか?」を、自問自答し続けた一年だったように思います。
 気持ちが落ち込んだ時を経て、望みを持ち自分らしく前へ進むことも、
感覚的に覚えたように感じます。

 いつもと変わりなく私と関わってくれる人たちが居て、
その中で、私はどうありたいのか?を考えると、
気持ちも少しずつ変化して、また苦しいと思っていた難題も少しずつ変化して、
人は、「死」に向き合う時、生きている命に寄り添い、
絶対的な神に望みをもって祈り願うことしかできないことも、
身体感覚で確認できたような心境です。

 今までは敬遠していた「エンディングノート」なるものを、
本屋さんで一番薄いタイプのものを買い求め、
えんぴつ書きで最低限必要なことを書き入れてみました。

 書いてみると、この作業は、「自己責任を果たす」ことに繋がるように感じて、
結構気に入りました。^^v
 「メメント・モリ」の考え方は、
積極的に与えられた命を使いきる、生ききることに繋がると思いました。
 えんぴつで書いた私のエンディングノートは、
これから、節目ごとに書き足したり、消しゴムで消して書き直したりしたいと思います。
そんなことも、自分の歩みとして楽しんでできるような気がしています。


 災害のニュースを聞く度に、他人事でなく、自分事の備えとして、
「メメント・モリ」と言う言葉が教えてくれた、「命に寄り添う」ことを、
大切にしたいと思います。

 のど元過ぎれば熱さを忘れる私ですが、
心に痛みを覚え悩んだからこそ、冷静に、そんなことを考えた一年でした。
 私の中の「ホスピタリティマインド」に灯を点すこと、
その灯を人とわかち合うこと、来年も探究して参ります。

 今年の様々な体験に感謝して、2016年を完了いたします。
そして、次なる2017年のスタートラインに立ちます!

皆さま、どうぞ心身ともにお健やかに、佳き新年をお迎えくださいませ。




 


posted by kobe-hospitality at 17:40| Comment(0) | 日記

2015年12月31日

2015年ホスピタリティマインドを感じたこと そのニ 「音楽を通じてデザインされたホスピタリティ」


大晦日を迎えました。
皆さまにとって、2015年はどんな一年でしたか?
そして、来たる2016年が希望に満ちた年となりますようにお祈りいたします。

前回に続いて、今年、私が感じたホスピタリティマインドを
シェアさせていただきます。
今回は、夏にウィーンへ旅したことからです。


数年前から、趣味で合唱のレッスンを受けています。
先生が情熱を持ってご指導してくださり、
常に高い目標を持って練習に励むよう奨励してくださるので、
毎年、信じられないような体験があります。
今年の6月には、なんと、ウィーンでコンサートを行うという、
夢のような高い目標を、皆で力を発揮し合い実現させる体験をしました。

演奏曲は、三年前から練習に励んでいるヘンデルのメサイア第1部とハレルヤコーラスで、
合唱を学んで、まだまだ日が浅い私にとっては難曲中の難曲です。
先生の素晴らしいご指導と、共に練習に励んでいる仲間の皆さま、
そして何より、ウィーン在住の音楽を愛する方々のご尽力で、
コンサートが実現しました。


ウィーン市の音楽週間の一環でコンサートは行われ、
現地の声楽家の方々がソリストとして参加してくださり、
ウィーン市の合唱団との共演で、
美しい趣のある役所のホールで開かれました。

このコンサートを実現させるために、現地でご活躍の日本人の音楽家の方が、
交渉や段取りをして備えてくださったのですが、
人知れずご苦労があったことは察しがつきました。

音楽の本場で、コンサートを体験して欲しいと、
ただただ私たちのことを思いやり、希望を叶えてくださったのですが、
その方は、ご労をとってくださったことを、おくびにも出さずに、
終始私たちを静かに見守つつ、陰でサポートしてくださいました。

私は、音楽の都で、一流と感じる音楽家に出会ったと感じました。
今も感謝の気持ちでいっぱいです。


初めて、客席から「ブラボー!」と叫ぶ声を、
演奏者側で聴けたことは、涙があふれるぐらい嬉しい体験でした。
共演者の方たちの力量によるところですが、
それでも、一生懸命練習に励んだことが、心の底から「よかった!」と思える瞬間でした。

合唱は、人が寄り添って、互いの声を聴き合い、
各人の音をわかち合ってハーモニーを創りだします。
なので、まさに、人が持つホスピタリティマインドが活かされた時に
美しいハーモニーが生まれるのではないか・・・と感じています。


今回のウィーンでの体験を通して、
私自身の力は、まだまだ弱くとも、仲間と寄り添い練習を積むことで、
ハーモニーに変化が起きることを体験し、
自らが持つ伸び代も、限りなく存在することを知りました。
一重に、大きな目標に向かってご指導くださっている先生と、
実現に向けて労してくださったウィーンの音楽家の方のお陰です。
心からありがとうございました。


そして、もう一つ。
憧れの楽友協会の黄金のホールで、
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートも体験することができました。
出だしの音から、今までに聴いたことのない響きと感じ、
未熟な私の耳でも、その音の違いが理解できました。
素晴らしく美しいコンサートでした。

観光を楽しんでいた関係で、楽友協会には開演時間ギリギリで着きました。
しかも、アクシデントがあり、
私は、仲間と別行動となってしまい、
広く入り組んだホールの中で、
自分の座席が分からなくて困ってしまいました。

2階の座席だったので、とりあえず、目の前に開いたエレベーターに飛び乗りました。
そして、片言の英語で、「私は自分の座席が分からない。」と、
乗り合わせた方たちの中で、言葉にしました。
すると、一人のご婦人が私のチケットを見て、
「私も同じフロアだから、案内してあげます。」と、
笑顔でお声をかけてくださいました。
(多分、そのようなことをドイツ語でおっしゃったようで・・・^^)

エレベーターがフロアに着くと、そのご婦人は、急ぎ足で、
迷路のような長い通路を先導してくださいました。
演奏が始まる1分位前のことです。
「このドアからはいると、あなたの席が見つかるわ。」と(思われる)言葉を残し、
足早に去って行かれました。
ドアを開けると、私の席は直ぐに分かり、
着席すると、即、演奏が始まったので、
おそらくその方は、ご自分の席に着く前に演奏が始まったのではないかと・・・
ご自分のことを置いて、見知らぬ旅人の私に親切に対応してくださったのです。

私の前を、足早に歩くそのご婦人のドレスの裾は、優雅に揺れていました。
ご夫婦でおいでだったと思うそのご婦人は、
ドアが幾つもある黄金のホールの座席を、詳しくご存知のようで、
おそらく、楽友協会のご常連の方ではないかと思いました。


黄金のホールには、
ご夫婦お揃いで楽しまれる方が大勢おられました。
2階の最前列には、お洒落なご夫婦が、身を乗りだすようにして
大らかに音楽を楽しんでおられました。
その様子から、ウィーンの大作曲家たちの音楽も、
このようなファンによって脈々と守られ、
自由に、大らかに、音楽を楽しみ
ウィーンの町を「音楽の都」と呼ばれるまでに育んできたのだろうと
想像してしまいました。

今も、テレビで黄金のホールが写る度に、
ウィーンフィルの素晴らしい響きと、
その演奏を大らかに楽しむ人たち、
そして何より、広いホールで戸惑う私を助けてくださった
ご婦人の事が思い出されます。


よきものを人とわかち合うこと。
そのために労を惜しまずサポートすること。

初めて訪れた音楽の都ウィーンで、ホスピタリティマインドを味わった体験です。

来年も、合唱によって、私のホスピタリティマインドを引き出してもらいながら、
また、仲間のホスピタリティマインドも感じながら、
練習に励みたいと思います。
そして、また大好きなウィーンで音楽を楽しむ機会を創りたいと思います。


日常遣いのホスピタリティ、2016年も発信して参ります。

皆さま、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。
来年も、よろしくお願い申し上げます。


posted by kobe-hospitality at 18:05| Comment(0) | 日記

2015年12月16日

2015年 ホスピタリティマインドを感じたこと  その一  「まちの中にデザインされたホスピタリティ」


師走を迎えました。
皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか?

今年一年を振り返って、ホスピタリティマインドを感じたことを、
シェアしたいと思います。
今日は、「その一」です。


先日、プライベートで兵庫県のイベント・ふれあいの祭典「ひょうご合唱の祭典」に参加してきました。
豊岡市民会館文化ホールで開かれた合唱の祭典は、
兵庫県下の各市を代表して13団体が出場し、
少年少女、高校生、大学生からシニアの方まで、合唱団に所属する人たちが集まって、
観客、運営スタッフの方たちを含めると約1000人規模のイベントでした。

皆が心地よくリラックスして、合唱を楽しめるようにと、
豊岡市実行委員会のスタッフの方たちの、
気配り心配りの行き届いたおもてなしが印象的でした。

私は、ホスピタリティマインドを感じると、
ついつい嬉しくなって、何がそう感じさせるのか、
観察してしまいます。

誘導係の方たちの笑顔であったり、
清潔感漂う服装であったり、
もてなすための、さりげないしぐさであったり、
控室に到着した私たちに
「ご遠方から、ようこそおいでくださいました」との
気遣いある声かけであったり、
皆が寛ぐソファーのテーブルには、お菓子や温かい飲み物が配置されていたり・・・

日頃の練習の成果を発揮して、最高の合唱が発表できるように、
各市の合唱団の人たちの心をほぐそうと、
配慮された心遣いが、あちらこちらで感じられました。

お菓子のまわりは、老若男女の顔がほころび、
一挙に空気が和んでいました。
緊張気味の気持ちが、随分とほぐれたと思います。

そのような温かな歓待を受けて、各合唱団の歌声は、のびやかに会場に響いていました。
合唱の祭典の成功は、スタッフの方々の支えがあったからこそです。

終演後の各団のバスを見送る際には、
深々とお辞儀をされて、バスが見えなくなるまで見送る姿も見受けられ・・・

スタッフの方たちの素晴らしいホスピタリティマインドに、
豊岡の町全体の印象までが温かく感じられました。

会館の入口には、
市民憲章として、誰の目にもわかりやすい言葉が大きく掲げられていました。

「とうとびます すべての命
 よろこびます しごとも学びも いきいきと
 おくります 笑顔にあいさつ 思いやり
 かなえます 心とからだ 健やかに
 しんじます 夢と希望の明るいまち」

豊岡には、兵庫県立コウノトリの郷公園があり、
一時は絶滅したコウノトリを育て、人と共生できる環境づくりをしていて、
コウノトリを野生復帰させるため、放鳥しているまちです。
合唱の祭典を支えた豊岡の人たちの温かさは、
まちの中で継承されてきた精神によるものなのでしょうか。


参加された皆さまは、素晴らしいホスピタリティのお陰で、
温かい気持ちと、次への夢と希望を持ち帰ることができたと思います。
バスの車中から、のどかな畑の中にコウノトリの姿を見ることができました。
こんな風景も、まちの中にデザインされたホスピタリティと感じ嬉しくなりました。

「ひょうご合唱の祭典」豊岡のスタッフの皆さま、
心からありがとうございました。


今年感じたホスピタリティマインド、またシェアします・・・



posted by kobe-hospitality at 11:51| Comment(0) | 日記

2015年10月12日

高校生のポスターセッション

秋空に稲穂が揺れて、今年も収穫の季節を迎えました。
毎年この時期に開かれる、兵庫県立明石清水高校「人と環境類型」の学習成果発表会へ行って参りました。

2学年の生徒さんたちが、夏休みにインターンシップで地域の事業所と関わり、
その体験から学んだことで、各自テーマを絞り研究したことを、全員が発表します。

研究した内容は、PCを駆使して1枚のポスターにまとめられていて、
内容もさることながら、色、レイアウトなど、ビジュアル的にも、どれも見事な出来栄えでした。
大きなパネルに貼り出されたポスターの前に立ち、見学者の前でセッションする高校生は、皆、身体に触れると金属音がするのではないかと思われるくらいに緊張していました。
そして、最高に緊張した中で、真剣にセッションする姿はまぶしいくらいに輝いていました。


地域医療、保育、障がい者・高齢者施設等、様々な事業所での体験を通して、
自らが関心を持ったことについて深く掘り下げ、
社会に投げかけること、将来取組みたいことなど、
高校生の視点で発表された内容には、教えられることが多くありました。


「人と環境類型」は、いのちと未来を大切に思い、行動する力を持った人づくりのために、5年前に設置されました。

私は、2学年1学期の「こころとことば」の教育で、地域のゲストティーチャーとして「ホスピタリティ」の授業を担当して4年目になります。
高校の授業でホスピタリティを扱うこと自体が素晴らしいことと思っています。


成果発表の場には、インターンシップの事業所の方を含め、
地域活動の代表者の方々や、PTA、中学生たちも参加されています。
そして、発表者の成果を高めるために、
参加者も発表者の採点をしたり、質問をしたりして関わるしくみになっていて、
発表者を応援し、互いに学び合って成長する場づくりがなされています。

勿論、先生方の陰の支えがあってのことですが、
地域ぐるみで、学校教育にダイレクトに関わっているのです。


年々工夫がなされ、精度アップしていく学習成果発表会に参加して、
人と共生しあって、よりよい環境を自ら創っていくこと。
改めて、高校生から学んだ一日でした。

明石清水高校「ひとかん」の生徒さん、
お疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。

また来年、一緒に学び合いましょう。

深まる収穫の秋、美味しいものと共に「学ぶこと」も、
存分に楽しみたいと思います。




posted by kobe-hospitality at 23:01| Comment(0) | 日記

▲ このページの先頭へ